トップ

子どもの耳鳴りを改善

子どもの耳鳴りの原因と症状

中耳炎やストレスによる影響が多い

小さな子供が「耳が痛い」と訴えることは珍しくありません。まだ小さなうちは抵抗力不足などの理由から中耳炎などの内耳の炎症症状や、風などによって引き起こされた鼻炎からの耳の痛みを起こすことが多いのです。

しかし、痛みを訴えるのではなく、「なんだか耳の中で音が聞こえる」というような耳鳴りを症状の相談があれば、まさか頭部に関する病気なのではないかというようにとても心配になってしまいますね。耳鳴りにお悩みならこちらが役に立ちますよ。

このように大変気になる子供の耳鳴りの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。一般的には先に挙げた中耳炎や外耳炎のような耳の疾患によるものが多いようです。また、家の中が騒がしくなることを嫌がる家族に遠慮して、イヤフォンやヘッドフォンなどで音楽を聞いたりゲームで遊んだりしているうちに突発性難聴を引き起こし、その症状で耳鳴りがする事もあるケースも見られます。

しかしこのような耳に関する疾患に該当しない場合の耳鳴りは、主にストレスによる影響が多いと言われています。現代社会に生きる大人たちを悩ます様々なストレスは大人同様に子供社会においても例外ではなく、子供たちは学校や友達付き合い、進路などに大きな悩みを抱えているものです。

子供は大人と異なり、なかなかストレス発散のはけ口が見つけられず、人知れず深く悩んでいる状態が自律神経失調症や耳鳴りといった体の不調に表れてくることがあるのです。症状がひどくなると、夜も眠る事ができないほどの深刻な耳鳴りに悩む子供も少なくありません。

耳鳴りに悩む子供に、特に耳の異常が見つからなかった場合には、総合病院やかかりつけ医に相談することが大切です。重大な疾患に発展する可能性は決して低くはなく、そして何よりもそれほどの耳鳴りに悩むほどのストレスを軽減するために力になってあげることが必要なのです。ストレスが原因とみられる耳鳴り症状を放置することは絶対に避けましょう。子供の耳鳴りは大人と違い病気に発展しやすいことをよく理解して、大人が早期発見早期治療を心掛けたいものです。

Copyright © 子どもの耳鳴りの原因と症状. All rights reserved.